ページ


☆ラビットしま子からお知らせ☆

 WordPressへ引越し&リニューアルしました。

自動でジャンプしない場合は コチラ→ http://www.rabbitshimako.com/
をクリックして下さい('ω')ノ

お手数をお掛け致しました。これからも遊びに来てくださいね!

2014年4月30日

天然保湿因子を守る!ローションパックに頼らない、適度なスキンケア。乾燥肌さんへ。

 いつからでしょうか?
乾燥肌のためにローションパックが推奨されるようになったのは…
本当に乾燥肌に必要なのは、

肌が自力で出す潤い成分と皮脂を
落とし過ぎないようにする事と、
外部からの乾燥を防ぐ
クリームをつける事。

です!



 前回の記事はこちら☆
参考にどうぞ。

化粧水は本来トナー。あれもこれも頼りすぎちゃダメ!ローションパックはどう?


化粧水が大好きな皆様へ


 化粧水は大変使い心地が良いものです。

また、乾燥肌の方ほど、
化粧水 を重ねづけしたくなるものです。

気持ちはわかる、わかるんやで~(^^)


 しかし、化粧水に頼りすぎてはいけません。

本来、
化粧水はトナーです。

クレンジング後のふき取りや
洗顔の代わりに使ったり、
洗顔後の肌を整える程度のコスメアイテムなのです。


化粧水って一体何?


 その化粧水に保湿力を求めるのは、
限界があります。

化粧水 の90%~95%は水、または水分です。


 水は蒸発します。
空気に触れていれば、
水が水として肌の上に存在し続けることはできませんよね。


 また、水が皮膚内部に侵入することはありません。
プールに入っても、
プールの水は皮膚に入りませんよね。

逆に肌に入ってきたら、
えらいこっちゃです('_')

皮膚は外部からの物質侵入を阻止して、
身体を守っているのです。


高保湿化粧水だから大丈夫ってわけでもない


 「私が使っている化粧水は油分が含まれている化粧水だから大丈夫」

と思っているあなた!

水と決して混ざらない油がどうして、
化粧水の中では混ざっているのでしょうか?


 それは、界面活性剤、
または乳化剤の力です。

それらに保湿効果はありません。
水と油を混ぜる役目があるのです。


 仮に化粧水に多くの油を混ぜようと思うと、
そこそこの量の界面活性剤が必要です。

界面活性剤が多い化粧水で
美肌になれるでしょうか?


 また、べたつき感のある化粧水と、
サラサラ水のように使いやすい化粧水。

どちらを皆様は買うでしょうか?


 以上の事から、多くの化粧水は、
成分のほとんどが水・水分で作られているのです(^-^)


 保湿能力は低くて当然なのです。

だから頼り過ぎてはダメなのよ~
という事なんです。

話が長くなってすみません。


 ところで…

こんなに化粧水が売れる国は
日本以外にありません。

今は。

今後海外でも広がるかもしれませんが…


 とにかく、化粧水に関して、
もはや本来の使い方以上の使い方をしています。

それによりあなたが美肌であれば
言う事は何もありません。


 肌質に合っているのであれば、それはグッドなんですよ☆
是非そのスキンケアを続けて、
美肌をキープしてください(^^)v


化粧水だけでは物足りない乾燥肌


 もしローションパックしてても
乾燥が止まらないなら。

洗顔後すぐに化粧水等をつけないと乾燥して辛いなら。

本当にそのスキンケアで良いのか?


一度、
一度だけでいいので考えてみてください。


 化粧水は使い方によっては、
かえって乾燥肌を助長する可能性があります。

十分にご注意をお願いしたいです。


最後にお願い


 今日は化粧水 のお話でした。
ラビットしま子はなにも、化粧水反対派ではないですよ!

どうか誤解のないようにお願いします。。。


 ローションパックは、
脂性肌・ニキビ肌以外には
あまりおすすめしないという事です('_')


お肌を知ることから、美容はスタートし美肌につながります(*´з`)

美肌命・スキンケア第一!
レッツ美肌キープ!


よいしょー☆