ページ


☆ラビットしま子からお知らせ☆

 WordPressへ引越し&リニューアルしました。

自動でジャンプしない場合は コチラ→ http://www.rabbitshimako.com/
をクリックして下さい('ω')ノ

お手数をお掛け致しました。これからも遊びに来てくださいね!

2014年5月10日

馬油の使い方をおさらい☆無添加ソンバーユ美容で美肌になろう

 馬、やってますか?

馬油ですよ。
今回は馬油の使い方について、おさらいと注意点をお話します。

馬のレースとか、馬刺しとかは今日は置いておいて…と。



馬油について


 馬の油を精製したものが、「馬油」です。

中国では古くから皮膚トラブル、
スキンケア目的で馬油が使われていたようですね。


 あらかじめ言っておきますと
馬油は乾燥肌におすすめ、
乾燥肌向きのコスメです。


 主成分に多くのオレイン酸が含まれています。
オレイン酸の不足しがちな、
乾燥肌、乾燥性敏感肌におすすめ☆


脂性肌とオレイン酸オイルの関係


 一方、オレイン酸は
ニキビ肌、脂性肌には向きません('ω')ノ

もともと皮脂が多い脂性肌には、
オレイン酸過剰になり肌荒れの原因になります。


 ラビットしま子も脂性肌なので、
馬油はもっぱらボディ用ですね。

馬油をつけすぎると肌がべたついたり、
逆に乾燥したりするので、少量にしています。

ココが馬油の使い方ポイントですね!


 オレイン酸が多いオイルは酸化しやすいですから、
なるべく空気に触れないように保管しましょう。


 開封後は出来るだけ早く使い、
馬油の素晴らしさを余すことなく使い切りましょう。

パックとかおすすめですよ(詳しくは下記参照)。



 馬油や、
スクワラン(深海サメの油。こちらは脂性肌もOK)は
人と同じ動物性油脂です。

植物オイルに比べてかぶれにくく、
肌に馴染みやすいのです。


 花屋さんはアレルギー性手荒れが多い職場ですが、
肉屋さん・魚屋さんではアレルギーは少ないですね。


馬油のおすすめ使い方、乾燥肌におすすめ


  • 洗顔後、馬油を手のひらに薄くのばして、顔を覆うように包む
  • 乾燥する部分には、少量の馬油を薄く重ねづけ
  • クレンジング・洗顔後、入浴中に、さくらんぼ小位の馬油を顔にぬってパック
  • ひじ、ひざ、かかとのボディスキンケアに馬油を使う

です!

おすすめ馬油メーカーは…


 おすすめ馬油はもちろん、
薬師堂の馬油:ソンバーユです!


 使い方は他の馬油と同じです。

薬師堂の馬油:ソンバーユは馬油100%の成分。

完全無添加ですから、
敏感肌や乾燥肌にもおすすめ(*´з`)


 香り付の薬師堂の馬油:ソンバーユもあります。

個人的には
無香料の馬油がおすすめですね。


 今回は馬油の使い方の説明と、
薬師堂の馬油:ソンバーユのお話でした。

馬油はパックにも使えるので
スペシャルスキンケアコスメとしても優秀(^^)v


 馬油の使い方を知り、上
手に使って美肌キープしてくださいね。

お肌を知ることから、美容はスタートし美肌につながります(*´з`)

美肌命・スキンケア第一!
レッツ美肌キープ!

よいしょー☆