ページ


☆ラビットしま子からお知らせ☆

 WordPressへ引越し&リニューアルしました。

自動でジャンプしない場合は コチラ→ http://www.rabbitshimako.com/
をクリックして下さい('ω')ノ

お手数をお掛け致しました。これからも遊びに来てくださいね!

2014年11月17日

さけ粕活用術=食べちゃう編 【美肌食レポ】 甘ざけだけじゃないで~☆

 雑誌GISELe(ジゼル)10月号に私ラビットしま子が掲載された時、
さけ粕パックなるものを紹介しました。

さけ粕をお水で溶いて、
夜入浴時にパックする~という内容。

今日はお料理の話。



栄養たっぷりのさけ粕


 雑誌に載ってたパックの話はまた後日記事にするとして…と。
「えー?さけ粕パックの話してよ!」って?

引っ張るでーどんどん引っ張るでーワシ(笑)


 ところで、
最近スーパーでもさけ粕がよく販売されるようになりました。
丁度さけ粕が出回る時期なんですかね。

我が家にも大量のさけ粕が冷凍庫にあります。


 という訳で、
ここらでさけ粕の活用術【美肌食レポ】
をご紹介!


  1. 粕汁
  2. 甘ざけ
  3. 漬物の漬け床
など色々活用術はあるのですが、
我が家の様に

「大量にさけ粕がある!」
という方におすすめな使い道もどうぞ☆


さけ粕を使ったレシピ


  • さけ粕溶かしたヤーツに、肉 or 魚を浸ける

 さけ粕大さじ1/2~大さじ1 を 50cc 位の水に溶かす。

すり鉢に1時間ほど浸しておくと、簡単に溶けます。

分量は適当(さけ粕の水分量によって違う)なので、
良い感じにしてください。


 多少水っぽくなってもいいし、
味噌位固めでもいいし、お好みでいいですよ☆

肉や魚の量が300g~400g位だと思ってくださいね。


 で、このさけ粕溶かしたヤーツを
豚肉とか鶏肉とかに浸して、
バットに入れて冷蔵庫、で半日置いておくだけ。


 ラビットしま子は冬の美味しい魚 鰤 (ぶり)
でやってみました。


 ぶりの切り身を一旦湯通し。
臭みが取れます。

ぶりの切り身の粗熱が取れたら、
生姜擦りおろしと、さけ粕溶かしたヤーツをつけて
半日冷蔵庫保管。


 その後フライパンでじっくり焼いて、
しょう油で味を整えました。

ハイ、わて天才~。旨い~。


 その料理の写真がないのか?
という質問がきそうなので、先にお答えを。

ないんです!
ないけど、イイんです!
クーーーーゥ!

答え:写真撮り忘れました。


 冷凍庫を占拠していた大量のさけ粕ちゃん。
なかなか良い活用術を発見しました。


 お安い肉、魚がぐっと美味しくなりますよ!
美肌にもおすすめな美肌食☆


さけ粕の注意点


 ただし、さけなので、運転前は食べられません。

量や度数にもよると思いますが、
そこだけご注意を☆


お肌を知ることから、美容はスタートし美肌につながります(*´з`)

美肌命・スキンケア第一!
レッツ美肌キープ!

よいしょー☆