ページ


☆ラビットしま子からお知らせ☆

 WordPressへ引越し&リニューアルしました。

自動でジャンプしない場合は コチラ→ http://www.rabbitshimako.com/
をクリックして下さい('ω')ノ

お手数をお掛け致しました。これからも遊びに来てくださいね!

2014年11月4日

【化粧水】薬用,化粧品,医薬部外品,医薬品。それぞれ役割が違います☆使い分けてね(^^)

 化粧水の裏側を見てみましょう(*'ω'*)

『化粧水』と書いていますか?
『薬用』 または 『医薬部外品』と書いていますか?

同じ化粧水と言えども、ここにちょっと違いがあります。



 気になる方は、是非一度
薬局で色々な化粧水を手に取ってみてみて下さい。

ご存知の方も多いと思いまが、
もう一度おさらいしておきましょう!


化粧品・薬用・医薬部外品・医薬品って何?



  • 化粧水
化粧品の中の、化粧水。
どなたでも気軽に使えるもの。
合う合わないはあれど、特に注意なく使えます。


  • 薬用化粧水
本質は化粧品だが、薬用効果があるもの。
でも医薬品でもなければ、医薬部外品でもない。

ここが薬事法のややこしいところです。


  • 医薬部外品の化粧水
何かしらの効能効果があるが、人体に対する作用は緩和なもの。

医薬品のような効果はないが、
薬用より効果があるというスタンス。


 医薬部外品は、肌の奥(真皮)にも浸透します。
というか、して良いのです。

化粧水(化粧品の)は真皮まで浸透しません。
してはいけないのです。


 薬用はメーカーによって浸透力が違うので、
メーカーに直接問い合わせてみてくださいね。

医薬部外品に話を戻して…
その名の通り医薬品の部外の品。です。


  • 医薬品の顔用ローション
薬局や皮膚科で買える、医薬品。
化粧水、という表記はないです。


 当然化粧水等よりも作用は大きく、
有効成分の効果が感じられます(個人差があります)。


 どんな薬にも副作用はあるので
使用上の注意や用法、用量を必ず守る必要があります。


 医薬品は、肌の奥の真皮まで浸透します。

界面活性剤の力で、皮膚のバリアーを突破して
有効成分を届けます。


なぜ医薬品は肌の奥まで浸透させるの?


⇒ ⇒ ⇒有効成分を得られるメリットが必要な方には、有益だからです。


 やはり薬事法がややこしいせいで、
化粧水と間違えて医薬品を使っている方がいないか
ちょっと心配。

ニキビ用や、アトピー用など。
わからない時は薬剤師さんに聞いてみよう!



 ざっと説明しました('ω')ノ
あとは皆様、ご興味があれば「薬事法」を
Wikipediaとかで検索してみてくださいね。


薬用と、普通の化粧水の違い


 具体的な例を挙げるとして、
わてが大好きなHABA。

昔からずーーーっとある「Gローション」と
ちょっと前に薬用になった「薬用VCローション」です。

どう違うの?

HABA ONLINE


 簡単に言うと
成分に有効成分があるか、ないか、です。


 有効成分があるから良い、
という話でもありません。

あなたが求めている
必要な有効成分であれば良いという事ですね。


 「薬用VCローション」には、
有効成分のリン酸L-アスコルビルナトリウム、
グリチルリチン酸ジカリウム、
が配合されています。

美白ラインの化粧水ですね☆


 一方「Gローション」は
シンプルな成分で、肌が敏感な時期でも
毎日気軽に使いやすいというメリットがありますね(^^)


 どちらもそれぞれ、良い所があります。
だから使い分けて欲しいのです。

チョイス、チョイスやで~!


 色々書きましたが、簡単に言うと

人生いろいろ、
化粧水もいろいろ、
薬事法もいろいろです!

By.小泉元首相です!


 お肌の状態に合わせて、
色々使い分けて美肌になってくださいね(^-^)


こちらも参考になります


オロナインパック・化粧下地に代用は禁止。メーカー注意書きは必ず読んでください。




お肌を知ることから、美容はスタートし美肌につながります(*´з`)

美肌命・スキンケア第一!
レッツ美肌キープ!

よいしょー☆